サウンドハウス

TOKYO No.1 SOUL SET TOUR 2008 “Just another days” BIG CAT

アルバム“No.1”のリリースもあって絶好調なソウルセット、大阪公演に参加してきました。

ソウルセットのライブは3年振りなので非常に楽しみにしてました。
開場30分前と結構ゆっくりめに到着したんですが、人が全然いない!
開場時間になっても人はまばらで、早い整理番号の人も後ろでビール飲んでたりとすっごいまったりムード。
開演直前はかなり混んできてたんで、ソウルセットファンも本人達に負けない程のマイペース(笑)
3年前もこんな感じだっんだけど、他のバンドのライブではあんまり見られない光景なんで面白かった。

で、そんなこんなでライブ開始。
一曲目、「Please tell me」でストール(というか布)を巻いたBIKKEが凄い勢いでピョーンと登場!
こんなアグレッシブなBIKKE見たこと無いわ?、って感じですっごいおかしかった。
本人的にも「いきなり出オチ」な感じだったらしいですが(笑)

アルバムNo.1の曲、どれもライブで聴くとめっちゃ良かった!
BIKKEが明確なメロディーで”歌”ってたり、力強さが増してたりで見所満載。
「メリー・メン」ではぼやきっぽい口調に終始ニヤニヤしちゃいました。
ビッケは「大阪風通しがいいね?♪」とかライブ場所を盛り込みたかったみたいだけど、
ホテルに篭ってることが多くてその土地の特徴がわからないからやめたらしい(笑)

そして、今回のライブはトークがかなり長かったです。
ビッケがこれでもかと喋る、喋る、喋る!
俊美さんがたまに相槌打ったり妙に噛み合わない会話だったりで面白すぎ。
あのなんともいえないグダグダ感がファンにとってはたまらなかった(笑)

曲の感想やらをつらつらと(演奏順ではありません)、
「JIVE MY REVOLVER」、銃のSE辺りの観客の一体感は流石。
皆この曲好きなんだなぁ。

「夜明け前」、「still」、「key word」
俊美さんの歌が結構前面に押し出た曲達。
皆聴き入ってた。

「sunday」、「Bow & Alrrow ?あきれるほどの行方」、「Chenge my Mind」
この辺りの曲はもう盛り上がりが尋常じゃなかった!
皆飛び跳ねて、腕突き上げて、と観客大はしゃぎ。
ソウルセットのライブでここまで激しいノリを味わえるとは予想外。
めっちゃ楽しかった!

「Just another day」アルバムNo.1の中でも大好きな一曲。
2人のヴォーカルのやさしい歌い方が胸に染み渡る。
観客皆で手を振って、歌って、結構うるっときちゃいました;;

最後に演奏されたのが「Jr」!!!
これはもうイントロで涙腺決壊。
久しぶりにライブで泣きました。
私がソウルセットのファンになって間もない頃にめちゃくちゃ聴きまくってた曲。
凄く思い入れのある曲なので、演奏されたのがうれしくてうれしくて・・・

とにかく楽しいライブでした。
メンバー全員めっちゃ楽しそうに演奏してるし、見ていて幸せだった。
ホントにソウルセットのファンで良かった!
年単位で活動が空いたりしてますが、全然気にせず待っていられる安心感。
最高のグループだと思います。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)