サウンドハウス

the pillows ” LOSTMAN GO TO CITY ” at BIG CAT

2008年12月9日(火)、
the pillowsの大阪公演に参加してきました。
そのセトリを含むネタバレありの感想です。

ライブ当日は雨が降ってて寒い日でした。
BIG CATは雨に濡れずに待てる場所なんで幸いでした。
チケットは完売!
熱気が凄かったです。
セトリは以下の通り
トークの内容やらもうろ覚えだったりするので雰囲気だけ感じてもらえれば幸いです。

01. Rain Brain
02. STALKER
03. Degeneration
04. FUN FUN FUN OK!
05. Juliet
06. Sick Vibration
07. Beehive
08. Moon is mine
09. ウィノナ
10. 昇らない太陽
11. Nowhere
12. Wake Up, Frenzy!
13. サヨナラサマー(パフィーへの提供曲をカバー)
14. シュガー・ナイトメア (V6への提供曲をカバー)
15. Skin Heaven
16. SUICIDE DIVING
17. サリバンになりたい
18. Ritalin202
19. モールタウン プリズナー

アンコール
01. Paper Triangle
02. ムーンマーガレット

アンコール2
01.Rookie Jet

セトリ見てもらうと分かりますが、めっちゃくちゃマニアックな選曲でございました。
だけどどの曲でも皆ノリノリで凄い盛り上がりでした。
私はGOOD DREAMSツアーから参戦だったのでペナルティーライフの曲やそれ以前の曲ばっかりだったので
嬉しかった♪
“Beehive”なんかは過去のライブでも殆ど演奏されて無かったけど、
凄く要望の多かった曲みたい。
さわおさん本人も意外そうなコメントを出してました。
私はこの曲、ピロウズっぽさが濃縮された感じがしてめっちゃ好きです。
これからの定番曲になるといいなぁ。

パフィーやV6に提供した曲も良かった!
パフィーの曲は女性ヴォーカル用に作ったからキーが高かったりして大変だったぽい(笑)
V6の方は中々キャッチーなPOPソングでしたが、これはこれでいい味出してる気がしました。

トークでは、
Peeちゃんが大阪の地下鉄で女性専用車両に乗ってライブハウスまでやってきたと報告。
相変わらずネタの尽きないお方ですなぁ。
さわおさんが両手をわさわささせて「こうやって乗ってなこかったの?」って聞いたらPeeちゃんは「そしたら今日私ここに居ませんから」、そらそうですわなw
淳さんはチャットモンチーのライブに行ったら関係者の欄に何故か「佐藤シンイチロウ」と記入されてたらしい(笑)

あと、“昇らない太陽 “の前に「これから暗い曲が続くんだけど」とはさんでうつ病の話。
「うつ病ってあるよね。ファンにもそういう人がいそうだけど。そういう人からよく手紙を貰うので」
この曲を書いてた頃に病院行ってたらうつ病って言われてたかもと言う話になって。
さわおさんの周りには病院いって薬貰うようになってからおかしくなっていった人がたくさんいる、と。
「俺は落ち込んでるだけで絶対違う!って思い込んだ」
「皆病院行くなよ、薬はダメ、絶対(笑)」
「だからピロウズ聴いて乗り切ってくれ!」
「こんなこと言っちゃったら怒られるんだろうなぁ」
この発言は賛否両論よびそうですが、私は結構共感でした。
うちも病院行って薬貰って悪化して、ピロウズ聴きながら立ち直った口なので。
まぁまだ調子はよろしくないんだけどね^^;
逆に病院に行かないことで悪化して、取り返しの付かない事になる場合もあるだろうし。
さわおさんは悪い例ばかりを目の当たりにして思うところがあったんでしょうね。

「帰りの電車でどよ?んとする曲」が終わって(笑)終盤はまた大盛り上がり!
“モールタウン プリズナー”“ムーンマーガレット”
ずっとライブで聴きたいと思ってた曲だったんで感激でした。
この辺りの曲のメロディーは物凄くストレートに胸に染み込んで来ると言うか、印象的。
「愛をもっと?」のフレーズで泣きそうになりました。

ちなみにアンコールでシンちゃんはバンビTシャツ。
前のツアーでもいじられてたんだけど、あのTシャツ気に入ってるのかな。

帰りは汗だくで心斎橋まで行くのがキツかったw
普段聴けないような曲を一杯聴けて凄く充実した時間でした。
毎度のことだけどピロウズファンでほんっとに良かった!って思います。
元気も一杯もらえたのでまたしばらくは頑張れそうだ♪

コメント(メールアドレスの入力は任意です)