サウンドハウス

TOMOVSKY “バンドトモフワンマン” at KYOTO MUSE

2009年06月12日(金)、TOMOVSKYのワンマンライブに行ってきました。

トモフスキーは昔から好きだったんだけどライブは初めて。
今回はバンドトモフでのワンマン、しかも京都MUSEという事で参加確定。
客層は女性の方がめちゃくちゃ多いのにビックリ。
8割以上女性だったんじゃないだろうか 😯

ライブ本編だけど、めっっっっちゃ楽しかった!!!
こんなに観てて楽しいライブは今まで行った事のあるライブでもそうなかったんじゃないかなぁと思うくらい最高のライブでした。
メンバー皆満面の笑みで演奏してて、観てるこっちも自然と笑顔に。
トモフ本人も凄いテンションとパフォーマンスで、
チューニングするだけで客席が大盛り上がり。
今回はThe ピーズの大木温之さんが参加してるということで兄弟そろって息バッチリあってました。
というかトモフがハルさん茶化す様子がおかしかった 😎
曲の出だしで照明が真っ暗になるトラブルなんかもあったけど、
それすらネタなんじゃないかと思えるくらい面白かった。
あと面白かったのはメンバー紹介。
ドラム紹介のところで観客全員しゃがんで鑑賞!
で、「盆地の皆さんこんばんは」。
オールスタンディングのライブハウスで皆しゃがんでる様子が凄いシュールというか貴重な光景でしたわw
ハルさんも「ほんとにみんな座ってるし!?」みたいに言って驚いてた。

アルバム「幻想」の曲はライブ初披露ばかりだったみたいだったけど、それを感じさせないくらいの勢いと盛り上がりでした。
「AKY」がすごくツボだった。
トモフ節炸裂というか歌詞の内容がドストレートで聴いててすっきりする感じ。
「スピード」は心に響く気持ちいい曲だった。

個人的に一番好きなアルバムの「39」からも色々やってくれて嬉しかった!
「骨」の盛り上がりや、歌詞が物凄く心に響く「脳」が凄く印象的だったです。
この人は「俺も不安だ~!」とか歌詞に入れて高らかに歌っちゃう辺り凄いなぁと思う。
ここまでストレートに感情というか思いを歌に乗せれる人ってあんまりいないですよね。

とにかく文句の付け所のない素晴らしいライブだった!
また行きたい!

コメント(メールアドレスの入力は任意です)