サウンドハウス

メリー “TOUR 09 under-world [BURST]” at KYOTO MUSE

2009年08月14日、メリーのワンマンライブの京都公演に行ってきました。


京都という近場で時間に余裕もあることもあって色々散策しつつライブハウスへ。
物販の列に並んでたら、メリー側スタッフ?の人がイベンターの方のスタッフに「メンバーからシンバル買って来てくださいって言われました」みたいなやり取りしてた。
シンバル叩き割っちゃったんだろうか 🙁
近場だとJUGIYAかイケベ楽器に行ったんだろうか・・・
物販買った後も時間があったので新京極や寺町をブラブラと。

で、開場。
京都MUSEは並びにくかった階段が撤去されてから入場が楽になって良いですわ~

セトリは結ろぐから拝借。

GI・GO
フリクション
迷彩の紳士
Midnight Shangrila
montage
演説
[human farm] stupid×cupid
溺愛の水槽
カナリア
ジャパモダ
愛国弐~BURST~

リフレイン
路地裏哀歌

喜劇のタブー
ポエジー
PLTC
妄想ランデブー

アイデンティティー
underworld

とにかく暑くて熱いライブだった!!
開演前の「お盆や帰省ラッシュもなんのその」とか「メンバーの汗やよだれが飛び散る場合があります」とかの
アナウンスにほくそえみつつ、開演。

最初は真ん中らへんに居たんだけど気がついたら上手よりの前方に流されてた 😎

相変わらずネロは全身全霊って言葉にふさわしくめっちゃ激しくドラム叩いてて、
弦楽器の皆さんは相変わらずイケメンで(笑)
ガラは学ランがめっちゃ似合ってた~、帽子も被ってる姿が凄く様になってた。
最終的には「3ねん2くみ ガラ」って書いてる名札つけてたのがツボだった。
変態ぽさにも磨きが掛かってたなぁ 😳
演説?シュールレアリズム?でウサギの被り物して歌いだしたのがキモくてもう最高w
途中で耳から何か毟って客席に投げ込んだりしてました 😯

こっから[human farm]とかstupid×cupidになだれ込んでいったんだけど、もう汗がやばいくらい流れるくらい盛り上がった。
ガラも滝のような汗かいてて大丈夫かな~と心配になるくらいの熱気。
実際お客さんも途中で後ろ下がったり、スタッフが駆けつけたりする場面があったりと
中々鬼気迫る凄まじいものがりました。

溺愛の水槽が聴けたのもよかったな~
緩急の付き方がめっちゃ好きな曲です。

大きいライブハウスで観るのも良いけど、
小さいライブハウスで観るメリーはもう圧巻だった。
このバンド、ホント凄いわ。
帰りはもうふらふらで歩くのがしんどかったw

開場限定販売のCDも激しい曲が目白押しで良かった。

とにかく楽しくてあっという間に終わったライブでした。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)