サウンドハウス

the pillows “LOSTMAN GO TO BUDOKAN″ at 日本武道館

2009年9月16日水曜日
ピロウズの20周年記念ライブ
LOSTMAN GO TO BUDOKANに参加してきました。


私は大阪からのオフィシャルバスツアーで行って来ました。
大阪からだけでもバス4台!
全部ピロウズファンてのが凄いですよね。
バスの中でもピロウズ談義に盛り上がったり。
あとメンバーからの特別メッセージ映像の上映あり。
一時間くらいメンバーが酒を飲みながらのグダグダトークでしたw
内容はバスツアー行った人の特権ということで割愛 😎

セトリ
Thank you, my twilight
MY FOOT
No Surrender
Another Morning
Wake up! dodo
PROPOSE
SCARECROW
New Animal
90’s my life
僕はかけら
ONE LIFE
1989
サリバンになりたい
lady bird girl
Funny Bunny
I know you
ストレンジカメレオン
サード アイ
この世の果てまで
その未来は今
雨上がりに見た幻
ハイブリッドレインボウ

Please Mr,Lostman
Swanky Street

Calvero
Ride on shooting star
LITTLE BUSTERS

POISON ROCK’N’ROLL

開場は物凄い人だかりで物販も長蛇の列!
これ皆ピロウズ見に来てるんだと思うと凄く嬉かった。

武道館は思っていたよりも小さくてステージも見易くて良かった 🙂

開演時間少し過ぎた後に会場暗転、
そしておなじみのBGMと共にメンバー登場。
この時の歓声と割れんばかりの拍手にビックリ。
会場の特性とかもあるんだろうけど、曲始まる前からうるっときてしまった 😥
あの拍手の響き方はぞくっとくるね。

さわおさんのヴォーカルも絶好調で、
特に叫び声が鳥肌物だった。
No Surrenderの「また会おう」の絶叫で思わず涙が・・・

1989ではスクリーンに1989916の数字とPVの映像が断片的に映し出されて。
この段階で涙が止まらなかった。
あの切ないアルペジオと終盤のさわおさんの絶唱がもう、ね。
心に響いて響いて。
「Please chach this my song」皆にピロウズの歌が受け止められるようになってホント嬉しい。

Funny Bunnyの時は客席の様子がスクリーンに映し出されてました。
そこには見渡す限りの人の波、そしてみんなの幸せそうな顔が凄く印象的だった。
サビの部分では皆で大合唱してまた涙。

I know youはめっちゃ好きなだったんで武道館で聴けて嬉しかった。

「才能があるから~」ときて「当たり前だと思ってるわけないじゃないか」「感謝しないわけないじゃないか」て流れが面白かった。
「自分の中の小さな宇宙に挿す一筋の光が君達でした」
「長い間、音楽業界の端っこで流行もしない音楽を鳴らしていました。
今日武道館のステージに立って、何かを成し遂げたんだったら。もし、もしそうなら俺は嬉しいぞ!」
「涙が出そうになるくらい嬉しかった事なんてほとんど無かったけど、今日ここで君たちに出会えたことがそのひとつになりました。ありがとう!」
とか名言連発。
さわおさんが客席眺める姿が凄く印象的だった。

ストレンジカメレオン
この辺りからまた感極まってきて涙が溢れてきた。

「連れて行ってやるよ、この世の果てまで」
どうも貴ちゃんのラジオ聴いてたら「連れて行って”くれ”」だったらしいです。
ライブ中興奮しすぎてて気付かなかった・・・
さわおさんからこういう発言が出るってのも嬉しいね。
からハイブリッドレインボウまでの流れもやばかった。
おなじみ「can you feel ?」の観客とのやり取りも武道館だと凄いの何の 😯

あっという間に本編が終わりアンコールへ。
「swanky street」でまた涙涙。。。
歌詞が心に突き刺さってきて。
とにかく色んな感情が押し寄せてきてやばかった。

アンコール二回目、凄い歓声と共にメンバー登場。
弦楽器の3人が楽器を掲げた段階で皆大盛り上がり。
Calvero、まさかこんな曲が来るとは 😯
さわおさんのしてやったりみたいなすまし顔がやたらかっこよかったです(笑)

LITTLE BUSTERS
客電ががばっと付いてステージも客席も鮮明に見える中皆で大合唱!
あの一体感は一生忘れないと思う。

鳴り止まない拍手の中ラストはPOISON ROCK’N’ROLL

ほんっっとに夢のような時間だった。

色々書きたいことがあるんだけど上手く文章に、言葉にならない 🙁
幸せすぎて、楽しすぎてもう頭の中がえらいことなってます。
とにかく本当に幸せな時間でした。

もう一つ、とても嬉しかったことが。
中村貴子さんも武道館に来てたみたいです。
お姿を拝見することは出来なかったけど、
同じ空間でピロウズを見る時間を共有できた事がめっちゃ嬉しかった。
色んな音楽との出会いを、音楽の話を共有できる友人を作るきっかけを作ってくれた
貴ちゃんにも大感謝です。

ピロウズ20周年おめでとう。
そしてこれからもずっと応援してます。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)