サウンドハウス

’else “New Machinegun Etiquette”

B00005GDMC New Machinegun Etiquette
’else
テイチクミュージックコーポレーション 1998-12-03

by G-Tools

当時ラジオで良く流れてたのをふと思い出したので紹介でも。
女性ヴォーカルの4人組のバンド。
ヘタウマな感じというか荒削りなんだけど洗練されたロック。
“New Machinegun Etiquette”は98年12月発表のアルバム。
ポップさとパンキッシュさを兼ね備えていて聴き所満載。
POP45では胸を締め付けられるようなサビのメロディー、
うちが大好きなのは666
ポップさ全開で、微妙に歪んだギター、疾走感全開でサビのフレーズがとにかく印象的だった。

当時はミッシェルガンエレファントがめっちゃ流行っいて、
色んなバンドがデビューしまくっては日の目を見ることなく解散・活動休止時期だった気がする。
’elseもそんな移り変わりの中で消えて行っちゃったんだよね。
と、当時の音楽シーンを思い出してセンチメンタルな感傷に浸らせてくれる一枚。
10年くらい前のCDを今になって聴き直してみると色んな発見があって面白いかも。
その時は全然興味の無かった曲にめっちゃ心を惹かれたり、歌詞の意味を理解出来るようになってたり。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)