サウンドハウス

the pillows “HORN AGAIN TOUR” at Zepp Osaka

2011年4月16日(土)
the pillows の”HORN AGAIN TOUR”のゼップ大阪公演に行ってきました。

今回のライブも整理番号が2桁とかなり良くて前から2列目でみれて幸せだった(*´ω`*)

始まりはLimp tomorrowから。
イントロで徐々に盛り上がってさわお登場って流れがいい感じに火をつけてくれたかな。
Give me up!のノリも相変わらず楽しすぎ!

さわおさんちょっと痩せた?
なんか頬が痩けたというか全体的にちょっと細くなってる気がした。

十代の頃の気持ちを思い出しながら書いた、というアニメタイアップの
Comic Sonicも披露。

ゼップ大阪2デイズはチケットの売れ行きが思わしくなかったんで
BIG CATの時にリクエスト取ってたんだよね。
で、そのリクエストに答えてやってくれた曲は
Nowhere
HEART IS THERE
HEART IS THEREは大好きな曲だったからめっちゃくちゃ興奮した!
最初のuhワン・ツー!って叫ぶところはもう鳥肌モノだった。
どうも自分はこういう胸に染みる感じのメロディーラインに弱いらしい。
ノリノリになりながらちょっとウルッときたり。
個人的には「smile」やって欲しかったけどやはり無理だったみたいね(´・ω・`)

ライブで聴いたHORN AGAINの曲だとDoggie Howlが一番ガツンと来た。
毒々しい歌詞と一緒にギターリフがガリガリ来る感じ、ライブでここまで映えるようになってるとは思ってなかっただけに
めっちゃ衝撃的だった。
今後のライブの定番になって欲しいなーなんて思ったり。

Sweet Baggy Daysは終盤のさわおさんの絶唱が大迫力。
本編終盤のLITTLE BUSTERSは会場が一体となっての大盛り上がり。
今回のツアーでは震災後からセトリに加わった曲。
そしてダブルアンコールでの
No Surrender
この時にさわおさんが行った台詞。
「想像を絶するような絶望的な事があっても また会おう」(集まろうだったかな?興奮してたので記憶が曖昧)
「the pillowsは音楽辞めずに待ってます」
そしてお馴染み1・2・3・4・5・6・7・8!の掛け声からスタート。
その時の会場の一体感と盛り上がりは言葉に出来ない感動的で、最高だった。
最後の「また会おう!」で一段と声を張り上げてた所がもう反則級のかっこ良さ。
おっきい会場で人いっぱいだから皆の合唱も跳ね返ってきてビリビリと伝わってくるんだよね。
危うく涙腺決壊するところでした。

とにかく全身全霊で挑んで堪能できたライブだった!

「どんなに悲しくても 生き延びて また会おう
悪夢を蹴散らす歌を 歌いながら」

セトリは多分こんな感じ。
Limp tomorrow
Give me up!
Hello,Welcome to Bubbletown’s Happy Zoo(instant show)
YOUR ORDER
Biography
Purple Apple
Moon is mine
Sad Fad Love
Nobody Knows What Blooms
Comic Sonic
オレンジ・フィルム・ガーデン
Lily, my sun
EMERALD CITY
Nowhere
Brillinat Crown
Sweet Baggy Days
Movement
その未来は今
LITTLE BUSTERS
Doggie Howl

TABASCO DISCO
HEART IS THERE

No Surrender

コメント(メールアドレスの入力は任意です)