サウンドハウス

特撮 “5年後の世界” at 心斎橋クラブクアトロ

2011年7月12日、特撮のライブ”5年後の世界” 心斎橋クラブクアトロに行ってきました。

6年ぶりに活動再開した特撮のライブ。
オーケンやエディ、NARASAKIを初めて生で観れる!
ということでめっちゃ楽しみにしてたライブでした。

ファンの層も凄く幅広い感じでオーケン人気を物語ってるなぁ、って感じ。

ライブは『5年後の世界』からスタート!
初っ端なからもんの凄い熱気と盛り上がり!
そして床が揺れてグラグラして酔いそうだったw

オーケンは歌ってる時の眼力がとてつもなく力強い。
40代に見えないくらいパワフルでエネルギッシュだった。
観客をいい塩梅に煽ってくるし流石だった。
トークはグダグダだったけどね(・∀・)

オム・ライズは観客の一体感が気持ちよかった!
特撮の曲はオーケンと観客との掛け合い的な盛り上がりが随所にあって
めっちゃくちゃ楽しいよね。

「声優さんは出ません!」で始まった
『空想ルンバ』
女性のコーラスだったパートを観客が声を張り上げたりと大盛り上がり!

『ケテルビー』大好きな曲だったからやってくれて大興奮。
オーケンは歌い終わった後に「最後のラララー♪の所が長い!3分の2くらいでいいよね」とか突っ込み入れてた。

中盤では大阪来た記念にオーケンが購入したアコギを披露!
ナッキーに「それギブソンじゃなくてギブサンじゃないんですか?」とか言われて
内心落ち込んでたオーケンが可愛かったw
一曲弾き方りで演奏しようとしてたんだけど
見事なまでにグダグダ(´・ω・`)
結局演奏しないまま次の曲へ。
オーケンはギター弾けなかったのが相当気になってたみたいで
ライブ中ギター弾くジェスチャーすることが多かったです。

『ルーズザウェイ』『ロコ想うままに』歌い終わった後に
得意げな顔で一言「どや?」
これには思わず爆笑。
じっくり聴かせる感動的な曲の後にオチを付けんでもw

今回のライブで最高の盛り上がりだったと感じたのが
『林檎もぎれビーム!』
皆汗だくで揉みくちゃにされながら腕を突きあげて「林檎もぎれビーム!」
あと「あいつらにだ!」の時にテンションが上がりまくってもうやばかった。

印象に残ったトークは
「今回の特撮の再結成は色んなタイミングで、
そのきっかけとなったさよなら絶望先生には感謝してます」
そして始まった『人として軸がぶれている』
「ディーパーズや筋少、竜ちゃんやARIMATSU、絶望先生とか色々な所から集まってくれたけど
特撮を通じてそこから広がってくれればいいなと」「物販もいっぱい売れるしいいんじゃないでしょうか」

ライブ終わった時にはTシャツが絞れそうなくらい汗かいてた。
最高に楽しいライブだった!
特撮はこれからもどんどん活動して欲しいなぁ。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)