サウンドハウス

the god and death stars/田澤孝介”ゴ田澤2015″ at LIVEHOUSE D’

god2
2015年4月5日(日)、大阪のLIVEHOUSE D’で行われた
the god and death stars/田澤孝介”ゴ田澤2015″に行ってきました。

the god and death starsは活動休止が決まったということで
何としてでも観に行きたかったライブ。

共演相手の田澤さんを観るのは初めて。
歌の表現力も高くて、トークは面白さと音楽への愛情と想いが伝わってきて凄く好印象でした。
彼の関西弁がkazさんに伝染ったのか、kazさんは「せやな」とか時折関西弁になってました。

the god and death starsは文句なしに最高のパフォーマンス。
aieさんのアルペジオからピックスクラッチからカッティングまで何から何までカッコイイ。
激しいドラムと体に響くド低音のベースも気持ちよくて、めっちゃ楽しかった。
ライブでは総じてテンポが早かったり、CDとは雰囲気がちょっと違って感じたりというのが多いんだけど、中でも「殆ど腐敗」の激しさがとても印象的でした。
ライブ映像で残してくれないかなぁ、、、

「出来事と偶然の為の媒体」のイントロのギターに痺れた。
aie氏はギターとエフェクターの組み合わせはとてもシンプルなんだけど、
表現の幅がとても広い。

「風邪のライオン」で3人が向き合って演奏してた光景がとても眩しくて、輝いてました。

この3人の音をずっと聴いていたい、そう思える時間だった。

最後は田澤さん側とのセッションで「tonight is the night」ともう一曲。
登場時は「田澤!田澤!」と「孝介!孝介!」のコールで呼び込み。
kazさんが思いついたっぽい。
トークはkazさんの話題多くて、
名古屋公演後の串焼き屋でかぼちゃを食べ尽くしたとか
車の中でめっちゃ喋ってたとか
北斗の拳について1時間くらい話してたとか面白いエピーソードが満載。
あと田澤さんには「モナリザ」とか言われてました。
tonight?は鍵盤と田澤さんのヴォーカルが入ってジャズっぽいというか凄くオシャレな雰囲気に。
ギターは指弾きも入ったりして見ていて面白かった。

もう一曲は田澤さんの曲なのかな。
ギターをかき鳴らすaieさんがすっごいカッコ良かった。

暫く活動休止することになっちゃうけど、
来年にもライブできたらいいな、との事だったのでのんびりと待っていたいと思います。

賑やかな食卓
賑やかな食卓

posted with amazlet at 15.04.07
the god and death stars
david skull no records (2014-10-29)
売り上げランキング: 216,630

コメント(メールアドレスの入力は任意です)