サウンドハウス

HotmailがPop3アクセスに対応

HotmailがようやくPop3アクセスに対応したようです。

HotmailがようやくワールドワイドPop3に対応 :
ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

設定は

POPサーバ : pop3.live.com (Port 995)
POP SSL必須? はい
ユーザ名 : あなたのWindows Live ID、例: [email protected]
パスワード : あなたがHotmailまたはWindows Liveで通常使っているパスワード
SMTPサーバ : smtp.live.com (Port 25)
認証必須? 必要(POPユーザ名とパスワードを一致)
TLS/SSL必須? はい

となっています。

今まではメーラーで受信するためにはアドオンを追加するなどして受信するしか方法がありませんでした。
なので今回の対応で利便性はグッと上がるんじゃないでしょうか。

ついでにThunderbirdでの受信方法もまとめておきました。

まずはツールアカウント設定を選択。

設定画面に移動するので、左下の方にあるアカウント追加をクリック。

アカウントの種類の設定
メールアカウントのチェックボックスを選択して次へをクリック。

差出人情報の設定
あなたの名前の部分は設定したい差出人名を入力。
メールアドレス欄には自分のHotmailのアドレスを入力。

サーバ情報の設定
032005
メール受信サーバの選択ではPOPのチェックボックスを選択し、
メール受信サーバにはpop3.live.comと入力。
アカウントごとに受信フォルダを変えておきたい場合は”共通受信トレイを使用する”のチェックを外す。

ユーザ名
ユーザ名には自分のHotmailのメールアドレスを入力。

アカウント名
アカウント名はhotmail等お好みで。

設定完了
032008
設定にミスが無いか確認し、完了をクリック。

032009
アカウント設定画面にアカウント名で設定した名前の項目が追加されています(私の場合はhotmail)ので、それを選択。

セキュリティ設定部分のSSLを使用するにチェックを入れる。

サーバ設定の各項目を設定する。
ちなみに“ダウンロード後もメッセージを残す”にチェックを入れておかないと、
メール受信時にサーバ側に保存されているメッセージは削除されてしまいます。
色んな環境からブラウザでメールを確認する場合には不便です。
なのでこの項目はチェックしておいた方がいいかもしれません。

あとはOKボタンをクリックで設定完了です。
受信時にパスワードを訪ねてくるので、パスワードを入力すれば受信が始まります。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)