サウンドハウス

スピーカー買い替え!

机の上をスッキリさせたくて小さめのスピーカーを探してました。
で、スピーカーの箱(エンクロージャー)とスピーカーユニットを別々に買ってきてセットするという
方法が有るということで試して見ることに。

買ったのはFOSTEXのP800-Eと8cmフルレンジでPeerlessの830987。
ステレオなので各2つづつ購入。
P800-Eは完成品のエンクロージャーでは激安な製品だけど評判が良さ気だったので購入。
スピーカーユニットの方は雰囲気で選んでみました。

組立は簡単、端子を繋げてネジで止めれば完成!

配置するとこんな感じ。


左が新スピーカー、右が今まで使ってたDENONのSC-M33。
とても小さい。

肝心の音質について。
めっちゃ素晴らしい!
今までぼやけてもやもやと聴こえていた音がくっきりと鮮明に。
シンバルの響やボーカルを中心にとても聴きやすくて明るい感じ。
流石に低音はやや不足してるかなーという印象だけど
今までのぼわーんっていう感じの響きから引き締まった低音になったと思う。
フルレンジ一発は好みが分かれるらしいですが個人的には大満足!
値段もサイズも半分位だけど新しいスピーカーの方が好みの音です。

これで楽しい音楽ライフを満喫できそうです。

FOSTEX ( フォステクス ) / P800-E

FOSTEX ( フォステクス ) / P800-E

Winampで再生中の曲をTwitterに投稿するプラグイン”TwittAMP”


iTunesの台頭ですっかり影を潜めちゃった感のある音楽プレーヤーの
Winamp
しっかしうちでは現役バリバリです。
プラグインであれこれ拡張していけるのがWinampの強み。
という訳でWinampで再生中の曲をツイッターに投稿しやすくするプラグイン「TwittAMP」の紹介です。
※2012/11/08追記 TwitterのAPI変更の影響かこのプラグインは2012/11/08現在使えなくなりました。
一時期使えなくなっていましたが
v2.3にて再び利用可能になりました。

Read More »

Stereoの2012年1月号購入

売り切れが続いていて全然入手出来なかった雑誌Stereoの2012年1月号をやっと手に入れることが出来ました。
何で入手困難だったのかというと付録がなんとオリジナルのデジタルアンプLXA-OT1!

うちの音楽視聴環境はPC→USB DAC→DENONRCD-M33→スピーカー
とCDコンポが机上のスペースを結構取ってて邪魔だったんで
いい機会だしデジタルアンプに乗り換える事にしようかなと。

音質も中々良いし、今まで無音時に出てたサーっていう音も無くなったし満足してます。
ただ端子部分が貧弱なのと前の足がケーブルに引っ張られてちょっと浮くのが不安ではあるかなぁ。
改造やケース自作も醍醐味みたいなのでそのうちチャレンジしてみようかな。


こういう部品類は見てるだけでもワクワクしてくるよね(*´ω`*)

[参考リンク]

音楽之友社商品詳細【Stereo 2012年1月号】
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=933201

【西川和久の不定期コラム】 Stereo 2012年1月号付録「オリジナルデジタルアンプLXA-OT1」 ?LUXMANとの共同企画のキット付きで2,800円
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/20111227_501855.html

Amazon.co.jp限定の時計を買ってみた

オレンジ色の可愛らしいデザインだったので思わず衝動買いしちゃいました。
【Amazon.co.jp限定】 Amazon.co.jp ロゴ版 アラーム クロック 目覚まし時計 オレンジ OC227E


コンパクトでオレンジ色の本体が印象的。


上のボタンを押すと光ります。

大きすぎず、音も静かなので机の上に置いておくのにピッタリでした。
アラームを合わせる為の針は反時計回りにしか回らず、
時間表示の方の針も一緒に動きそうになったりと気になる部分もあり。
まぁ自分はアラームを使わないので問題ないかな。

アマゾンはカレンダーやマグカップなどオリジナルグッズを出してるみたいね。
良いのが出たらまた買っちゃいそう(゚∀゚)

B0061GL19Q 【Amazon.co.jp限定】 Amazon.co.jp ロゴ版 アラーム クロック 目覚まし時計 オレンジ OC227E
セイコークロック 2011-11-15

by G-Tools

新年のご挨拶

2012年になりました。
相変わらず更新頻度の低いブログですが今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
今年はもっと更新頻度を上げていくぞー