サウンドハウス

D’ERLANGER “the price of being a rose is loneliness”

the price of being a rose in loneliness the price of being a rose in loneliness
D’ERLANGER
Amazonで詳しく見る by G-Tools

リンク:D’ERLANGER公式サイト
    :視聴(Amazon)

デランジェ復活後2枚目のオリジナルアルバム。
前作に比べて荒々しさと力強さが増した感じでしょうか。
全体的にKYOのがなり声や耳に残るベースラインが印象的。

往年のヴィジュアル系的なサウンドアプローチはもちろんのこと、
上手いこと自分たちのサウンドにまとめられています。
特に滝川氏はヴォーカルを活かす曲作りがめっちゃ上手いな?と感じます。

シングルでリリースされた「柘榴」が傑作なのはもちろんのこと、
kyoのソロ活動時に似た雰囲気な「Sensual Dance」があったり、
ゆっくりとしたペースでじっくり聴かせてくる曲な「amaoto」に驚いたりと充実した内容の一枚。

ただ、初回限定版が1万円したり、ライブの座席が「プロレスか?」と思うくらいの値段なプレミア席があったりと
商売面でちょっと・・・と思うことが復活後の活動でよくあります。
大物バンドだからってのもあるんでしょうけど、もうちょい購買者にやさしい活動して欲しいなと個人的には思います。

音楽とカネ

ブログ更新環境から遠ざかってて今更ですがこのニュースを紹介。
JASRACに独占禁止法違反の疑い、公正取引委員会が午前中から立ち入り検査中 – GIGAZINE
痛いニュース(ノ∀`):「JASRAC」を、独禁法違反の疑いで立ち入り検査…公正取引委員会

さすがカスラックなどと酷評されるだけの事はあありますね・・・
GoogleでのJASRACの検索結果も批判記事が大半を占めるというとんでもない事になってます。

今回の事件の話題はこのくらいにして、
最近iPodに音楽移したらカネが必要になるようにしよう、とか音楽を記録可能な媒体(HDD等)にも課金させようとか妙な案が出る日本。
音楽の発展を妨げてる大きな要因はこういうカネの亡者共にあるんじゃ無いでしょうかね。
権利の名の下に暴利を貪る連中は音楽が好きで、音楽を楽しんで聴いて、音楽の発展を望んでいるのか?
そりゃ資本主義社会ですからカネ儲けしなければお話にならないわけですが、
いくらなんでもこの現状は酷すぎる。

楽曲の作り手にしっかりと利益が還元されるのならいろんな課金・徴収形態ができてもカネ払いますが、
徴収された著作権絡みのカネが管理団体のお偉いさん方の私腹を肥やすのならちょっと・・・と思ってしまう。

徒然モブログ

ど?も、ケータイでの更新環境万全にしてたのに、全く更新してなかったnookです!
高速道路のサービスエリアって妙な商品が多いっすね。
写真は江頭の緑茶。食欲減退しそうですな(^_^;)

徒然モブログ

一週間程ネット環境から遠ざかるかもしれないんで画像付きでケータイから更新してみるテスト。
画像は改造後のKOSSヘッドフォン。

料理あれこれ

ニコニコ動画でいろんな料理動画を見るのが面白いです。
リンク:鶏胸肉をつかいまくるョ‐ニコニコ動画(SP1)
中でも↑の動画は分かりやすくてお気に入り。
最近は鶏肉も冷凍の業務用サイズは欠品気味になってるんですよね・・・
とまぁ愚痴はさておき、こういうのを見ていろんな料理を作るのはめっちゃ楽しい!
動画見てたらピカタと鶏はむを無性に作りたくなってきましたわ。

鶏肉は調理のしやすさと調理のバリエーションの豊かさが魅力な食材。
自分がよく作ってるのは
クレイジーソルトと酒をふってレンジで加熱→裂く、で茹でずに簡単調理。
そしてサラダと一緒に盛ったり野菜炒めに使ったり。
あとは鶏皮炒め。
ネギと一緒に炒めるのは↑で紹介した動画で初めて知ったんですが、無くても個人的には問題無しです。
皮はおつまみにして、出てきた油は野菜炒めやらに使うとグッドです。

いや?、料理は楽しい^^

イヤフォン

080416.jpg

ずっと愛用してきたKOSS SPARKPLUG ヘッドホンが断線したので買いなおし。
キボシ改造やらちょっと手を加えるだけで大きく化けるこのヘッドフォン。
一度使うと病み付きになる重低音です^^
詳しい改造記事はまた後日アップします。

しかしこういうオーディオ関連の世界は奥が深いですよねぇ。
車や自作PCと一緒で手を出すとキリがない。
有名どころのイヤフォンを挙げてみると、

Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン
Amazonで詳しく見る by G-Tools
Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO
Amazonで詳しく見る by G-Tools

高級ヘッドフォンになったりするとさらに一桁上がるから恐ろしい・・・
どんな音で聴けるのかは非常に気になるところではありますね。
ただ、私の価値観だと「オーディオに5万かけるなら5千円のライブに10回行く」ってなっちゃうので手を出せないです。