サウンドハウス

WordPressが爆速らしいPHP Ninjaを試してみた。

WordPressは拡張性や柔軟性でとても人気があるブログソフト。
でも長く使っていて頭を悩ませることになるのが表示速度。
サイトを表示し切るまでにやたら時間がかかってストレスに感じることもあったり。
そして高速化・軽量化のTipsやプラグインを取っ替え引っ替えしながら頭を抱えることに。

そんな中見つけたのがファーストサーバによるWordPress専用のクラウドサービスの
PHP Ninja
PHP Ninja | ファーストサーバ WordPress 専用クラウドサービス

Wordpress用にチューニングされているのでめちゃくちゃ速くなるらしい。
トップページで自分のブログのアドレスを入力して速度比較できるのがあったので早速入力。
結果は

と爆速になる様子。

ホントにこれだけ速くなるのか
ベータ期間中は無料と言うことで登録して試してみました。

使い方は簡単で
ユーザー登録をしてコントロールパネルからマシン購入を行い、マイマシンからブログをインストール。
後は普通にWordPressの初期設定に入っていきます。
そしてプラグインのページからPHP Ninjaの高速化の肝であるNginx Cache Controllerを有効にします。
ベータ段階ではFTPが使えないのでダッシュボードからテーマやプラグインのインストールを行います。
テーマの導入と元ブログからデータをインポートして見てくれだけ再現。
で、使ってみた感想。
ホントに速い!
プラグインを全然入れてないのを加味してもめっちゃくちゃ速くて快適に動く!

どれくらい早くなってるのか比較するために
サイトの表示速度をお手軽に計測してくれるPingdom Toolsを使って比べてみました。

まずはさくらのレンタルサーバの場合。

そしてPHP Ninjaの場合。

全く同じ環境では無いためページサイズが100kB程違いますがやはり速い。
個別のページからダッシュボードに至るまではっきりと違いが分かるくらいキビキビ動作してます。

FTP接続が現段階では使えない、WP-touchを使うためにはNginx Cache Controllerをオフにしなければならない、といった気になる点も幾つか。

正式サービス開始に料金プランが発表になるとのことなので値段によっては移行する価値は十分に有るんじゃないかと。

WordPressはこんだけ速くなるんだ!という可能性を見せてくれたという面でも
とても価値のある体験でした。

コメント(メールアドレスの入力は任意です)